【いざ海外】久しぶりニューヨーク!映えすぎるNY2021年の新スポット「サミット ワン ヴァンダービルト」

【いざ海外】久しぶりニューヨーク!映えすぎるNY2021年の新スポット「サミット ワン ヴァンダービルト」

いつも世界の中心で、最先端の街アメリカ、ニューヨーク!

そのニューヨークのオフィスビル「ワン・ヴァンダービルト」の頂上部にオープンする「サミット・ワン・ヴァンダービルト」-SUMMIT One Vanderbilt-。

すっごくかっこ良くて、とっても映える!ので、ニューヨークに行ったら絶対行かないといけないスポットが増えました。

早速リサーチしてみましたので、コロナ明けすぐニューヨークに行かれる予定方には、読んで頂きたいです。

フォトジェニックな旅行行く準備にこちら
最新カメラはお得なレンタルで♪ Rentry

旅行行ったあとはこちら
マットな仕上がりのフォトアルバム【Photoback】

2021年10月21日 NEW OPEN!

記事を書いているときは、実はまだオープン直前でした。

2020年のコロナ禍にオープンした超高層オフィス・タワー「ワン・ヴァンダービルト」。

ニューヨークで4番目に高い建築物になったそうですが、海外旅行が難しいこの時期なので、このビルを直に見てる方は少ないのだろうと思います。

オフィス部最上階は73階みたいなので、「超高層ビル」といって間違いはなさそうです。

さらにその上を観光スポットとして、オープンしたのが「サミット・ワン・ヴァンダービルト」。

場所は、グランド・セントラル駅のすぐ近くに位置します。

ただ眺めがいいだけではない!?Airがめちゃくちゃすごい!!

世界最大級の都市ニューヨークを見渡せる展望台、ということだけが売りではないです。

こちらの4つの要素から構成されている「サミット・ワン・ヴァンダービルト」

・1000フィートの高さの透明なスカイボックス「Levitation」

・インタラクティブアート「Air」

・レストラン「Après」

・ガラスエレベーター「Ascent」

注目は、鏡とガラスの空間「Air」!

一番気になるのが、この鏡とガラスの空間!

ケンゾー・デジタルさんというアーティストが生み出したインタラクティブアート 「Air」という作品です。

ケンゾー・デジタルは、物理的な空間の中で、心を揺さぶるような、共鳴するような、感情的にパワフルなストーリーを創造することを専門とするアーティストです。

SUMMITの1,000フィートの高さのキャンバスを使って、世界で最も大きく、最も心を揺さぶるアート体験のひとつである「Air」を制作しました。

と公式サイトにあります。

鏡面仕上げの空間は、不思議な異次元の空間体験をさせてくれそうです。

空模様一つで見えてくる世界が変わってきますよね。

1,000フィートでのアートは、そもそもあまりないと思いますが、本当にフィットした素晴らしい作品だなと思います。

事前予約が必要です!

入場するには、事前予約が必要です。

公式HPで、日にちと時間を指定して、予約しましょう。

実は、時間帯でお値段が違います。

マジックアワーの夕方は、お高く設定されてます。

でも高くても、マジックアワーを狙うのがいいと思います。

もちろん他の朝も夜もそれぞれも行ってみたいですけど、最優先は絶対夕方!

チケットには3タイプあって、ガラスのエレベーター「Ascent」に乗って最上階に行くには、お手頃の SUMMIT Experience では含まれておらず、行けないようです。ご注意ください。

SUMMIT Ascent
SUMMIT Experience
Ultimate SUMMIT

サミット・ワン・ヴァンダービルト

SUMMIT One Vanderbilt

ニューヨークに行く予定の方には、こちらの記事で他のスポットも紹介してます。
ぜひ見て行ってください。
【2022年版】NYトレンド部!フォトジェニックなニューヨークの最新注目スポット4選!

フォトジェニックな旅行行く準備にこちら
最新カメラはお得なレンタルで♪ Rentry

旅行行ったあとはこちら
マットな仕上がりのフォトアルバム【Photoback】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る