【PR】この記事には広告を含む場合があります。

クアラルンプール空港でトランジット時に暇つぶし!アクティブにピンクモスクまで行こう!

クアラルンプール国際空港

こんにちは、旅先奪取(@tbskdash)です。

今回は、東南アジアの有数のハブ空港である「クアラルンプール国際空港」でトランジットの時間の使い方を検証します。

アクティブにドーハの街を「トランジット観光」をする案、ホテルでゆっくり休む案、両方紹介していきます。




他にこんな記事がお役に立ちます!

トランジットする空港で迷っている方は「トランジット観光

海外旅行での持ちものは「海外旅行持ちものチェックリスト

飛行機での便利グッズは「機内に持ち込む快適グッズ

まだ飛行機取ってない方はこちら
エアトリ

「クアラルンプール国際空港」とは?

少しだけ「クアラルンプール国際空港」がどんな空港なのか触れていきたいと思います。

東南アジアの有数のハブ空港である「クアラルンプール国際空港」。

アジア最大のLCC「エアアジア」の本拠地ということで、トランジットで訪れる人も多いと思います。

地理的にも東南アジアへオセアニアへと乗り換えるのに便利な場所中と思います。


クアラルンプール国際空港公式のアプリはこちらにリンク置いておきます。

MYairports
MYairports
開発元:Malaysia Airports Holdings Berhad
無料
posted withアプリーチ



公式のマップはちょっとわかりずらいかもです。
クアラルンプール国際空港:マップ

東京→マレーシアへのフライト事情は?

マレーシアにてトランジットするルートには、どのような選択肢があるのか。

東京からの場合で調べてみますと、

羽田空港では、ANA、エアアジア(復活10/30~)、マレーシア航空(10/30~)が就航しています。

深夜0:00前後 発 → 午前6:30前後 着

どれも朝早く着きますので、午前中のクアラルンプールを楽しむことが出来ます。


また成田空港では、JAL、マレーシア航空を利用するのが良さそうです。

午前11:00前後 発→午後17:00前後 着

成田空港には、ANAも就航していますが、現地深夜着なので、トランジット観光には向きません。

深夜に着く便を選んでしまうと、折角空港から出て市街地まで行っても、街のお店もあまりやっていないと思いますので。

ビザは必要??

マレーシアに観光目的で行くには、ビザが必要なのでしょうか?

「トランジット観光」するのであれば、入国が必要になりますので、ビザを気にする必要があります。

幸い日本人は観光で90日以内であれば、ビザは必要ないそうです。

最新情報は、公式サイトをご参考ください。

マレーシア観光局:出入国情報

お金はリンギット!でも両替は基本不要!

そして入国となると、お金の両替の問題があります。

マレーシアの通貨は「リンギット」です。

マレーシアの街中は、基本的にはクレジットカードが使えるようになっているようです。

しかしローカルな屋台などはまだ現金が使われているとの情報もあります。

「リンギット」はマイナーな通貨といえるので、日本の銀行などで両替しようとすると手数料が多く取られてしまうとのこと。

もし屋台などに行きたいということであれば、空港などで最低限の両替をして楽しみましょう!

タクシーなどに乗る前には、先にクレジットカードが使えるのか尋ねてから、利用するのがいいでしょう。

クアラルンプールセントラル駅までは、電車で30分!

クアラルンプールの中心地、クアラルンプールセントラル駅までは、特別列車で30分で行くことが出来ます。

羽田から東京駅ほどのイメージですね。

特別列車は2種類あります。

・KLIAエクスプレス
・KLIAトランジット

料金は同じですが、KLIAエクスプレスは途中駅がなく、クアラルンプールセントラル駅まで止まらないそうなので、早くかつ安心して行けます。



Klookなどのサービスを利用すると、安くかつ便利に利用することが出来ます。

割引きされるだけでなく、スマホに表示したQRコードで改札が通れるので、現地で乗車チケットを買う手間が省けるのが、いいですよね。

詳しく利用方法もサイトに載っているので、確認してみてください。

こういう便利なサービスは、上手に使ってみてください。

KLIAエクスプレス 乗車チケット(QRコード直接乗車)

Klook.com

ピンクモスク「マスジット プトラ」が超おすすめ!

おすすめしたいのが「マスジット プトラ」という、プトラ湖に浮かぶピンクのモスクです。

建物内部に広がるピンクの世界は、テンション上がること間違いなし。


最寄り駅は「プトラジャヤ駅」で、先ほど紹介した空港からの特別列車、KLIAトランジットの途中で止まる駅なので、

空港からも20分、クアラルンプールセントラル駅からも20分と、アクセスが「トランジット観光」に最適です。

またプトラ湖周辺が首相官邸があるなど、観光地として栄えているので、手っ取り早く観光したい「トランジット観光」には最適と言えます。


ピンクモスクの中に入る際、女性はローブを借りることが出来るそうなので、自分で用意する必要はなさそうです。

もし時間が許せば、プトラ湖をクルージングするツアーを体験するのも良しです。

Masjid Putra

空港で過ごしたい方はラウンジで!

空港では優雅に過ごしたいという場合は、ラウンジという選択肢もあります。

トランジットの地ではあまりエネルギーを使わず、本来の目的地までためておくのも懸命な判断だと思います。

また帰り道のトランジットなら、お疲れでしょうから、特にラウンジがありがたいと思います。

Klookなどのサービスで事前予約が可能です。

24時間前までキャンセルも可能ですし、割引が効くので、上手に利用してみてください。

Klook.com

深夜着&ゆっくりしたい派さんのためのホテル情報

アクティブにトランジット観光を楽しむのもいいですが、トランジットはホテルでゆっくりしたいと思う方もいるでしょう。

マレーシアはホテルが安い国と言われていますので、その点からも気軽に泊まってみても良いかもしれません。

また深夜着の便の場合も、ホテルで過ごすのがやはり最適解でしょう。

トランジットホテルあります!

クアラルンプール国際空港には、ちゃんとトランジットホテルがあります。

トランジットホテルであれば、マレーシアに入国することなく(入国審査が必要ないということ)利用することが出来ます。

KLIAとKLIA2の両方にありますので、利用するターミナルに合わせて予約しましょう。

サマ サマ エクスプレス KLIA
サマサマ エクスプレス KLIA 2
サマサマ ホテル KL インターナショナル エアポート

同じ系列で、名前が紛らわしいのでご注意ください。

では、それぞれ見ていきます。

サマ サマ エクスプレス KLIA

1つめは「サマ サマ エクスプレス KLIA」です。

名前の通り、KLIAの方にあるホテルです。KLIAは、ANAやJALなどが発着する国際線ターミナルです。

また、KLIAの中の「サテライトターミナル」に位置するので、到着が違うターミナルの場合は、エアロトレインという電車で移動が必要になります。

6時間や9時間のショートステイで利用できるので、便利ですね。

施設もキレイで、トランジットホテルとしては十分です。

Booking.com  【サマ サマ エクスプレス KLIA
agoda     【サマ サマ エクスプレス KLIA
エクスペディア 【サマ サマ エクスプレス KLIA

サマ サマ エクスプレス KLIA 2

2つめは、「サマ サマ エクスプレス KLIA 2」です。

こちらは、LCCのために新しくできたKLIA2にあります。多くのLCCは、こちらのターミナルから発着します。

システムは同じで、6時間や9時間から利用でき、部屋数は70室あります。

Booking.com  【サマ サマ エクスプレス KLIA 2
agoda     【サマ サマ エクスプレス KLIA 2
エクスペディア 【サマサマ エクスプレス KLIA 2

サマ サマ ホテル KL インターナショナル エアポート

3つめは、「サマサマ ホテル KL インターナショナル エアポート」です。

こちらはトランジットホテルではなく、イミグレーションを通過する必要があります。

空港直結の5つ星ホテル(4.5つ星と記載の場合もあり)です。

サマサマエクスプレス系よりお部屋が広いので、ファミリーでも安心です。

また空港内の移動を「電動カート」で送迎してくれます。

442 室あるお部屋は、3つのタイプに分けられます。

・デラックス ルーム
・プレミア ルーム
・ファミリールーム
・スーペリア スイート
・プレミア スーペリア スイート

デラックスルームで¥16000程なので、5つ星ホテルとはいえ、手が届かないほどではないようです。

プールなどもあり、プチリゾート気分も味わえます。

Booking.com  【サマサマ ホテル KL インターナショナル エアポート
agoda     【サマサマ ホテル KL インターナショナル エアポート
エクスペディア 【サマサマ ホテル KL インターナショナル エアポー

まとめ

いかがでしょうか?

クアラルンプール国際空港は、観光地から近く「トランジット観光」できる空港と言えます。

モスクは日本では入る機会もないため、観光欲を満たしてくれますし、滞在時間が長くなくても楽しめるので、「トランジット観光」に適していると言えます。

それでは、ステキなご旅行を!


旅先奪取のTwitter(@tbskdash)始めました。

もしよかったらフォローしてください。

海外旅行の最新情報を受け取れます。

あわせて読みたい!

トランジットする空港で迷っている方は「トランジット観光

海外旅行での持ちものは「海外旅行持ちものチェックリスト

飛行機での便利グッズは「機内に持ち込む快適グッズ

クアラルンプール空港でトランジット時に暇つぶし!アクティブにピンクモスクまで行こう!」への2件のフィードバック

  1. こんにちは!マレーシアに住んでいます。KLIAから電車ではKLセントラルに行くしかないので、トランジットでクアラルンプール観光にいくのであれば、あまり広い範囲ではできないかもしれませんが、少しでもマレーシアの魅力を感じてもらえると嬉しいですね。

    1. Moppeppe3さん
      いつも読んでくださり、ありがとうございます。
      マレーシアの魅力をぜひ教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る