【無料】トランジット観光なら「フリーシンガポールツアー」が最高!チャンギ国際空港での乗り継ぎを楽しむ!

【無料】トランジット観光なら「フリーシンガポールツアー」が最高!チャンギ国際空港での乗り継ぎを楽しむ!

シンガポールの「チャンギ国際空港」でのトランジットで、観光を満喫したい!

無料の「フリーシンガポールツアー」の情報を中心に、おすすめの便やビザ情報をまとめています。

「チャンギ国際空港」は、東南アジアやインドなどへの旅行・ビジネスの際にお世話になる空港だと思います。

これからまさに「チャンギ国際空港」でトランジットをする予定の方に、

特に初めて「チャンギ国際空港」に行く方に、ぜひ読んで頂きたいです。

※コロナの影響で、2020年3月21日から中止されているそうです。最新情報は、公式サイトをご確認ください。

フリーシンガポールツアー

旅行行く準備にこちら
最新カメラはお得なレンタルで♪ Rentry

旅行行ったあとはこちら
マットな仕上がりのフォトアルバム【Photoback】

「トランジット観光」とは?

トランジットとは、飛行機を乗り継いで目的地に行く場合に、その「乗り継ぎ」を示します。

ですので「トランジット観光」とは、その飛行機での「乗り継ぎ」時間を利用して、街に繰り出して観光をすることです。

と、このサイトでは呼びたいと思います。

目的地とは違う国でプラスアルファの観光を楽しむことが出来て、ちょっぴりお得な気持ちになれますよね。

実現のポイント!あえて乗り継ぎ時間を延ばして観光しよう!

何も考えずに航空券を買っていては、「トランジット観光」ができないことが多いので、予約前から注意が必要です!

基本的に、航空券予約する際には、乗り換えにちょうどいい4時間程度の空き時間で計画を立ててくれます。

「トランジット観光」をしたいのであれば、経由便をあえて1便から2便遅らせて予約する必要があります!

これが「トランジット観光」実現のポイントです!

シンガポールへのフライト事情は?

シンガポールにてトランジットするルートには、どのような選択肢があるのか。

東京からですと羽田空港と成田空港を合わせて、1日に6~7便の直行便が運航されていました。

航空会社もJAL、ANA、シンガポール航空、さらにはZIPAIR TOKYOと選択肢がたくさんありました。

時間は、大きく2つに分けられそうです。

11:00頃 発→17:30頃 着
もしくは
18:00頃 発→0:30頃 着

なので「トランジット観光」を狙うんであれば、先に挙げたシンガポールに夕方に着ける便で行くのが良さそうです。

もし深夜に着く便を選んでしまうと、折角空港から出て市街地まで行っても、街のお店もあまりやっていないと思いますので。

ただもし深夜便しかチョイスできない状況だったとしても、

チャンギ国際空港は、2019年にオープンした「Jewel」という複合施設があって、

空港自体が見どころ満載なので、トランジットだけでも楽しいと思います!

ビザは必要??

シンガポールに観光目的で行くには、ビザが必要なのでしょうか?

幸い、日本人は前もってビザを申請する必要がありません。

最新情報は、公式サイトをご参考ください。

お金はシンガポール・ドル!でも両替は基本不要!

そしてお金の両替の問題があります。シンガポールの通貨はシンガポール・ドルです。

シンガポールの街中は、基本的にはクレジットカードが使えるようになっているので、特に短期滞在になるトランジット観光の際には、両替は必要なさそうです。

でも異国のお金は、思い出にもなるので私は結構好きです。

手数料を払ってでも、ちょっとだけ手に入れたいとも思ってしまう感じもあります。

空港はもちろん、街中いたるとことにで両替できるそうです。

シンガポール航空利用で、無料ツアーに参加!

シンガポールには、魅力的な観光スポットがたくさんありますが、「トランジット観光」効率よく回るなら、

シンガポール航空が用意している「フリーシンガポールツアー」をチェックしてみてください。

シンガポール航空利用者で、5時間半以上トランジットの時間がある方は参加できます。

「フリーシンガポールツアー」には、3種類のコースがあります。

・文化遺産ツアー
・市内観光ツアー
・ジュエルツアー

ただ前述の通り、チャンギ空港の到着時刻が17:30頃となると、参加できるツアーは、19:30~の「市内観光ツアー」となります。

トランジットエリアにある受付カウンターにて、18:15までに申し込みを済ませる必要があるそうなので、注意が必要です。

夜景の中、シンガポールフライヤーやマリーナベイウォーターフロントプロムナード、マーライオン、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、さらにサンズスカイパークなどを巡ることが出来るので、「トランジット観光」としては、大満足の内容になっています。

この内容で無料とは、なんとも太っ腹ですよね。

利用しないと逆に損な気がしてしまいます。

ツアーは、英語での案内になるそうなので、ご注意ください。

※コロナの影響で、2020年3月21日から中止されているそうです。

最新情報は、公式サイトをご確認ください。

フリーシンガポールツアー

まとめ

いかがでしょうか?

シンガポールは「トランジット観光」がウェルカムな国だということがわかりました。

一番のポイントは、「シンガポール航空」を利用するということ。

チャンギ空港を利用する際には、ぜひツアーの参加をご検討してみてはいかがでしょうか?

※コロナの影響で、2020年3月21日から中止されているそうです。

フォトジェニックな旅行行く準備にこちら
最新カメラはお得なレンタルで♪ Rentry

旅行行ったあとはこちら
マットな仕上がりのフォトアルバム【Photoback】

「ドバイ国際空港」に行くならこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る